teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


もう二人見つけました。

 投稿者:NAO4@吟遊詩人  投稿日:2018年 1月21日(日)23時17分52秒
返信・引用
         西郷どん      翔ぶが如く   篤姫
佐々木すみ江 イシ(熊吉の祖母) ー       菊本
松坂慶子   西郷隆盛の母    ー       幾島

この「幾島」が、西郷どんでは、南野陽子に変わった配役ですね
 
 

西郷どんとメンデルスゾーン

 投稿者:ラクシュミー  投稿日:2018年 1月21日(日)15時27分42秒
返信・引用
  皆様も家族の事で色々と悩んでいるようですが、お互い頑張りましょう!歴史街道1月号はメインの東京裁判の真実も面白そうです。今月号も今回の大河関連が充実していそうです。

>西郷どん
オープニングや本編の鹿児島の自然は綺麗で気に入っています。史実に関しては下記のサイトが詳しいかと思います。

https://bushoojapan.com/category/saigo

西郷隆盛の3番目の妻となる糸はドラマでは吉之助(隆盛)、大久保正助(利通)と同年代のように描かれていますが、史実では隆盛より15歳年下だったとか。後、師匠である赤山靭負も隆盛よりかなり年上に見えますが、史実では5歳年上だったとか。今回、前回で一番疑問に思っていた少年時代に右腕を負傷して剣が振れなくなったのは史実かどうか分かりませんでした。

>西田敏行さんがナレーションやっているので、晩年の西郷隆盛が若いころの隆盛に声をかけているような雰囲気があって気に入っています。

「跳ぶがごとく」は見ていませんでしたが、確かに西田敏行のナレーションは晩年の西郷隆盛が若い頃の隆盛に声をかけているような雰囲気がありますよね。今回の大河はナレーションを始め、結構キャストが代わっていますね。中には昨今叩かれている不倫騒動で降板した方もいて、悪い事ではありますが、犯罪じゃないので降板する必要はなかったと思います。

>メンデルスゾーン

「イタリア」はこちらの曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=wEPTIOz3CyM


「フィンガルの洞窟」は初めて聞きました。「真夏の夜の夢」の「結婚行進曲」はCMなど色々な場面で使用されていて知名度抜群ですが、同じく携帯の着メロに内蔵されていた「無言歌集」第5巻62の「春の歌」もCMなどで使われていて知名度が高いかもしれません。こちらも聞いたことがあったけどタイトルを知りませんでした。

https://www.youtube.com/watch?v=hUGTtUVS9DI

 

西郷どん

 投稿者:Sissi  投稿日:2018年 1月17日(水)20時30分43秒
返信・引用
   まずはラクシュミー様、歴史街道1月号の御紹介ありがとうございます。さっそく近くの図書館などをチェックしてみます。
 そして家族のことですが、私も思いどうっりにならないことが多く、私の周りで安らぎを与えてくれるのは鳥たちと年末に買った時計(オルゴールのような美しい音で起こしてくれる目覚まし時計です)くらいですが‥‥お互い耐えて頑張りましょう!

>西郷どん
 オープニングといい、いかにも鹿児島・奄美といった感じですよね。南国情緒豊かで美しいです。
 また、西田敏行さんがナレーションやっているので、晩年の西郷隆盛が若いころの隆盛に声をかけているような雰囲気があって気に入っています。
 ところで、今回の対岸は私にとって一つ困ったことがります。系図だけでなく史実を調べるうえでも大いに参考にしている「世界帝王辞典」のネケト様が、今回ブログに感想を書いておられないということです。西郷隆盛がお嫌いなそうで、それで書いておられないようですが、「おんな城主直虎」のように「史実ではないと思ったら、実は史実だった」といったことが分からない‥‥(涙)。
 ただ、「歴史秘話ヒストリア」では、西郷隆盛の最初の上司は民思いのとてもいい人で、西郷も大いに影響を受けたといっていたような気がしたんですが、どうでしょう?実は2回島流しにあっていますが、まるで一回だけのような描かれ方だったので、もしかしたら最初の上司ではなく別の方だったかもしれませんが。

>メンデルスゾーン
 確かに彼の曲としては「真夏の夜の夢」の「結婚行進曲」が一番有名ですよね。次が「フィンガルの洞窟」でしょうが?
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%B4%9E%E7%AA%9F_(%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%B3)
 残念ながら交響曲第4番イ長調『イタリア』は知らないのですが(聞いたことはあってもタイトルを知らないだけ?)
 

翔が如く

 投稿者:NAO4@吟遊詩人  投稿日:2018年 1月15日(月)18時09分27秒
返信・引用
  ラクシュミーさまに、ブログの方にコメントいただいたので、少しだけ書かせていただきます。
今回の「西郷どん」には、昔の大河に出演した俳優さんが何人か出ています。

懐かしい限りですが、私が気が付いただけで以下です。

      西郷どん     飛ぶが如く   篤姫
西田敏行  ナレーション   西郷隆盛    -
鹿賀丈史  島津斉興     大久保利通   -
瑛太    大久保利通    ー       小松帯刀
 

行きかう年もまた旅人なり

 投稿者:NAO4@吟遊詩人  投稿日:2018年 1月14日(日)23時40分19秒
返信・引用
  >ラクシュミーさま、Sissiさま
ようこそ

>実家の件
御心配おかけして申し訳ありません。色々心配はありますが、完全には自分の思い通りにはならないですね。母が存命である間は、母を説得したり話し合ったりして、作業を進めなければいけません。

大体は、私のやっていること、やろうとしていることは正しいと思っているのですが。
よく分からないこともあり、母親に意見を求めて行くしかないでしょう。

>西郷どん
私は面白いと思って見ています。鹿児島の自然が豊かですね。
 

昭和は遠くなりにけり

 投稿者:ラクシュミー  投稿日:2018年 1月12日(金)20時57分24秒
返信・引用
  平成の後はどんな年号になるのか気になります。昭和、大正はどんどん遠くなりますね。皆さん、家のことでそれぞれ苦労しているようですが、お互い頑張りましょうね。母とすぐ下の妹は家を良くすることしか頭になくて、色々と愚痴を言ったり、私に当たってしまうことも多いのですが、気にしないようにします。(一番下の妹はこれに耐えかねて家を出ました。)

>CM

ちなみに私はauユーザーだと前回お話しましたが、最近携帯電話を新しい物に変えました。

着メロはメンデルスゾーンの交響曲第4番イ長調『イタリア』にしました。聞いたことはあったのですが、タイトルが分からなかった曲です。

彼の曲は日本では「結婚行進曲」位しか知られていないような気がするので。

>西郷どん

まだ見ていないので、土曜日の再放送を見てから感想を書かせて頂きます。結構良かったようですね。

初回視聴率はここ10年でワースト1のようですが、今後面白くなってくれるといいです。

今月号の『歴史街道』は西郷隆盛特集のようです。

https://www.php.co.jp/magazine/rekishikaido/

後、気づいていたらSissi様にお知らせしていたのですが、先月号の特集2は織田家のその後だそうです。図書館においてあるか、ネットで取り寄せ出来るかもしれません。

https://www.php.co.jp/magazine/rekishikaido/?unique_issue_id=84357


 

月日は百代の過客にして、

 投稿者:Sissi  投稿日:2018年 1月10日(水)19時57分15秒
返信・引用
   本当に時が経つのは早いものですよね。平成の後はどんな年号になるんでしょう?昭和、大正はどんどん遠くなる‥‥。
 家に関してですが、皆さんそれぞれ苦労なさっているようですね。かく申す私もなかなか苦労していますが、お互い頑張りましょう!

>「オリエント急行殺人事件」というよりアガサ・クリスティー?
 ラクシュミー様も映画をご覧になったのですね。ポアロに関しては、NHKでデヴィット・スーシェがポアロを演じたドラマを放送していましたので、それを見ていました。NAO4様はいかがですか?私はこのテレビでポアロのファンになりました。しかしアガサ・クリスティーの小説はほとんど読んでいません(爆)。
ただ、「そして誰もいなくなった」は小説と戯曲、両方知っています。
(「そして誰もいなくなった」は小説と戯曲で結末が違います。)
 ちなみに探偵としてはポアロ以上にホームズの方が好きです。

>本能寺の変
>長宗我部氏を巡る明智家と信長の確執
 説としては昔からあったようですが、何年か前に長宗我部元親が明智光秀の家臣斎藤利光にあてた手紙が見つかって、四国攻めをやめさせるために本能寺の変を起こしたという説が注目を浴びました。NAO4様のおっしゃる様に、そのうちこの説をとったドラマができるかもしれませんね。

>CM
>今までは携帯会社のCMはソフトバンクの犬のお父さんシリーズが抜きんでていましたが、長く続きすぎてマンネリ化したので、auに抜かれてしまった感じがします。日本の昔話は確かにネタが尽きないですよね。
 そうですね。少なくともまだまだ続けられますよね。ただ、ソフトバンクの犬のお父さんもまだまだ続きそうですが‥‥(もしかして終了か!?という雰囲気が一時期ありましたが)。
 auのCMですが、確かに乙姫と織姫が目立っていますね。次はだれが出てくるでしょう?

>西郷どん
 主にBSの歴史番組で立て続けて西郷隆盛を扱っていますが、初回はあまりよくなかったようですね。ただ、まだ始まったばかりですから、今後面白くなってくれることを祈っています。
 

時が経つのは早い物で

 投稿者:ラクシュミー  投稿日:2018年 1月 7日(日)15時58分7秒
返信・引用
  今年は平成30年という説目の年で、来年平成が終わりますね。ついに昭和生まれの20代がいなくなるので、時代の流れを感じます。私も30代半ばに突入するので時が経つのは本当に早い物です。NAO4様、実家のことで色々と忙しいようですが、頑張って下さいね。私も家がものすごく大変なのですが、頑張って良い年にしたいです。

>オリエント急行殺人事件

私も観てきたのですが、途中で寝てしまいました。(汗)

アガサ・クリスティーは作品を読んだ事がなく、映像作品は今作とNHKでやっていたアニメ「アガサ・クリスティの名探偵ポワロとマープル」位しか見たことがないです。

>auのCM

ちなみに私はauユーザーです。

今までは携帯会社のCMはソフトバンクの犬のお父さんシリーズが抜きんでていましたが、長く続きすぎてマンネリ化したので、auに抜かれてしまった感じがします。日本の昔話は確かにネタが尽きないですよね。織姫は中国の伝説のキャラですが、日本の昔話の姫で誰でも知っているのが乙姫とかぐや姫位だからでしょうね。瓜子姫や鉢かつぎ姫はマイナーかな?

>西郷どん

脚本家は「花子とアン」の方だそうです。恋愛や働く女性のドラマを多く書いている方で、時代劇・歴史物ドラマは得意じゃなさそうで、原作者の林真理子も女性を描くのは得意だけど男性を描くのは得意じゃないという感じがしますが、面白いドラマになるといいです。

>本能寺の変

確かに黒幕説は色々とありますね。長宗我部氏を巡る明智家と信長の確執説も最近分かったのですね。




 

歴史は別腹?

 投稿者:NAO4@吟遊詩人  投稿日:2018年 1月 7日(日)07時48分28秒
返信・引用
  >Sissiさま
ようこそ
本年も、よろしくお願いいたします。
今年は、実家のこともあり、とても多忙になりそうです。「歴史は別バラ?」で関わっていくとは思いますが、博物館・美術館などへの外出は、減ってゆくと思います。どうそ、良かったらお付き合いください。


>「オリエント急行殺人事件」を観てきました。
こういう映画やっていたのですね。アガサクリスティの原作ですか。
ちゃんと読んだことないのですが、こういう映画も良いかなあと思った次第。

>auのCM好きですよ
携帯会社の中で、CMはauが抜きんでてますね。日本の昔話シリーズはネタが尽きないですからね。
乙姫と織姫は目立ってますね。

>西郷どん
>きっとドラマも女性目線、女性向けとなるでしょう。
そうですか。全くノベライズも歴史一般書も手に付かないと思いますが、ドラマは全部見ようとは思っています。

>本能寺の変
黒幕説は色々ありますね。興味は尽きませんが、近年発見された文書で、長宗我部氏を巡る明智家と信長の確執とかも、いつかドラマに反映されるかもしれませんね。

>「及聞秘録」
>氏真が江戸城をたびたび訪れては長話をしたために家康が辟易
なるほど、ご教授ありがとうございます

>「続武家閑談」に
>家康が信長に「駿河を氏真に与えたらどうか」
初めて聴きました。ありがとうございます。
 

遅れました

 投稿者:Sissi  投稿日:2018年 1月 5日(金)20時44分47秒
返信・引用
   だいぶ挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。NAO4様は実家のことをいろいろなさっていた正月のようですが、私は今上映中の「オリエント急行殺人事件」を観てきました。個人的にはこちら、
https://www.amazon.co.jp/オリエント急行殺人事件-スペシャル・コレクターズ・エディション-DVD-アルバート・フィニー/dp/B00DACN6AQ/ref=pd_lpo_sbs_74_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=RJ2HCR3SYHSW0WY8PWBH
 この1974年の映画(こちらの方が雰囲気も原作に忠実)や、
https://www.amazon.co.jp/オリエント急行殺人事件-DVD-BOX-野村萬斎/dp/B00S13JY6E/ref=pd_cp_74_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=6SWWRRJBCSKTH4YB9895
 こちらの方が好きですが、今回の物もありかな、とは思います。

 ラクシュミー様、私もauのCM好きですよ(笑)。年が明けてまた新しいバージョンが放送されてますね。

>西郷どん
 NHKをはじめ、歴史系の番組で西郷のことをいろいろやってますね。私は今回はノベライズを読んではいないのですが、
https://www.amazon.co.jp/西郷どん-並製版-上-林-真理子/dp/4041061709
原作のこちらのレビューを見ると、人によって好き嫌いが分かれそうですね。また原作が女性目線だそうですので、きっとドラマも女性目線、女性向けとなるでしょう。

>本能寺の変
 信ぴょう性としてはかなり低いですが、家康黒幕説、光秀・家康共犯説、光秀・秀吉・家康共犯説など本能寺の変にはいろんな(それこそなんでもあり?!的な)があります。今回は氏真まで関わったというのが新しいですね。家康と氏真は途中から仲良すぎなように見えますが、「及聞秘録」という本には、晩年家康を頼った氏真が江戸城をたびたび訪れては長話をしたために家康が辟易し、江戸城から離れた品川に屋敷を与えたと記されているくらいですので、やはり仲は良かったのでしょう。
 別の本に和歌について語り合ったという話もあります。
 ちなみに本能寺の変と氏真については、「続武家閑談」に
>天正10年(1582年)に武田氏が滅ぼされた際、家康が信長に「駿河を氏真に与えたらどうか」と言ったと記す。信長は「役にも立たない氏真に駿河を与えられようか、不要な人を生かすよりは腹を切らせたらいい」と答えた。これを伝え聞いて氏真は驚き、いずれかへ逃げ去っていたが、そのうちに本能寺の変が発生したという。
という話があります。
 

レンタル掲示板
/159